RFペット・園芸
8F時計・眼鏡・貴金属
7F家具・食器・日用品

6F 美容全般・健康グッズ・健康食品
5Fおもちゃ・ゲーム・文房具
4F家電・パソコン
3F本・CD・DVD・スポーツ
2Fメンズファッション・雑貨・アクセ
1Fファッション・雑貨・アクセ
BF食品物産展





2009年09月29日

大河ドラマ【天地人】第40回 「上杉転落」あらすじ・CASTの紹介


【天地人】関連CD>>こちら



【天地人】関連DVD>>こちら


 
【天地人】関連商品一覧>>こちら


公式サイト>>こちら


   

【天地人】関連商品一覧>>こちら


上杉謙信を師と仰ぎ、兜に「愛」の文字を掲げた戦国武将・直江兼続の生涯を描く
永禄3(1560)年、越後・上田庄の坂戸城主・長尾政景の家臣・樋口惣右衛門とお藤の長男として、兼続は誕生。幼名は与六、弟・与七、妹・きた。5歳のとき、謙信の姉・仙桃院に見込まれて、雲洞庵で景勝の小姓として仕え、謙信もその才能にほれ込んだ。これが兼続と景勝との主従関係の始まりだった。謙信の死後、景勝は景虎との後継者争いに勝利すると兼続は家老として、その才を発揮する。兼続には、あの織田信長、豊臣秀吉、徳川家康もその才能にほれ、同時に恐れたとか。現代では忘れ去られた日本人の「義」と「愛」を兼続の生涯を通して描く。
 

  

原作: 火坂雅志>>関連商品一覧こちら
1956年、新潟県生まれ。早稲田大学商学部卒。1988年『花月秘拳行』(講談社)で文壇デビュー。新史料をもとにした数々の意欲作を世に問うている。


 

 

脚本:小松江里子>>作品一覧こちら

上杉家・景勝の家臣でありながら、

    豊臣秀吉、徳川家康らを魅了し、

      また、最も恐れられた男

       ―― その名は、直江兼続。


 


上杉謙信を師と仰ぎ、兜に「愛」の文字を掲げた兼続は、その波乱の生涯を通じて、民・義・故郷への愛を貫きました。

「利」を求める戦国時代において、「愛」を信じた兼続の生き様は、弱者を切り捨て、利益追求に邁進する現代人に鮮烈な印象を与えます。

大河ドラマは、失われつつある「日本人の義と愛」を描き出します!


 


第40回 「上杉転落」

     (10月4日放送)

  

関ヶ原の戦いの後、西軍の諸将に処分が下される。

景勝(北村一輝)と兼続(妻夫木聡)も家康(松方弘樹)の命により上洛。兼続は本多正信(松山政路)のもとを訪れ、上杉存続をかけて直江家の家督を譲ると申し出る。嫡男・竹松(加藤清史郎)のことを思い反対するお船(常盤貴子)に、兼続は上杉を残すために、苦しみは自分が一身に引き受けなければならない、と苦しい胸の内を明かす。

景勝と兼続は家康に謁見(えっけん)。家康は謝罪を求めるが、兼続と景勝は義は我らにあり、と拒否する。一方、福島正則(石原良純)は小早川秀秋(上地雄輔)に上杉を助けるよう持ちかける。責任を感じている秀秋は、淀(深田恭子)に上杉を救って欲しいと申し出る。

結果、上杉は米沢30万石へ移封(いほう)となり、お家断絶は免れる。兼続は米沢への移住の準備のため、会津へ戻る。動揺する家臣たちに、兼続は殿を信じてついてくる者はすべて面倒をみる、と告げる。

出発の日、上杉を去る者は一人もいなかった。感極まる兼続は家臣6千とともに米沢へと向かう。

  

  

CASTの紹介>>こちら
posted by ahahawahaha at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F本・CD・DVD・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

【アンタッチャブル】仲間由紀恵主演!!奇想天外な活躍をスリリングに描く刺激満載のミステリー

「世の中には、触れてはいけない闇がある。」

アンタッチャブル

初回放送日、10月16日(金)よる9時に決定!
公式サイト>>>こちら


  
『週刊アンタッチャブル』記者・鳴海遼子:
【仲間由紀恵】関連商品一覧>>>こちら

仕事にも恋にもあつかましい粘着質の女性記者が
事件の裏に隠された真実を解き明かすミステリー


“真実のその先”を解き明かす粘着質な三流誌記者に仲間由紀恵が扮し、その奇想天外な活躍をスリリングに描く刺激満載のミステリー。1話完結スタイルをベースにしながら、遼子(仲間由紀恵)が事件の背後に潜む“アンタッチャブル”な世界へと足を踏み入れていくさまを、強烈な謎を残す連続軸とともに描き出す。「この情報化社会の中で取材を進めるうちに不可解な事件の真相に突き当たります。そこには触れてはいけない闇がある。けれど闇をも恐れぬ愛すべき勘違い女・遼子だからこそたどりついてしまう衝撃の真実があります。

 あらすじ 

初出勤の日。「週刊アンタッチャブル」編集部に遅刻ギリギリで滑り込んだ鳴海遼子(仲間由紀恵)は挨拶もせずにテレビをつける。映っていたのは遼子が尊敬するカリスマ・ジャーナリストの有栖川スミレ(浅野ゆう子)が、ずさんな体質を指摘してきた企業・双葉建設の事故だった。スミレの告発取材は的中率が高く、世間でも評判を呼んでいた。そんな中、編集長の樫村秀昭(田中哲司)が遼子にスミレの取材を命じる。それは、スミレの予言の件ではなく、編集部に匿名で送られてきたスミレの不倫密会写真の真相を探ることだった。遼子は抵抗するが渋々、取材に行く。粘着質の遼子はカメラマンの鷹藤俊一(佐藤智仁)とともに、スミレを張り込む…。

 
『国民ジャーナル』記者・遠山史朗:【要潤】関連商品一覧>>>こちら

 
永倉栄一:【寺島進】関連商品一覧>>>こちら

 
『週刊アンタッチャブル』記者・巻瀬美鈴:
【芦名星】関連商品一覧>>>こちら

 
『週刊アンタッチャブル』カメラマン・鷹藤俊一:
【佐藤智仁】関連商品一覧>>>こちら
posted by ahahawahaha at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F本・CD・DVD・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

【おひとりさま】観月ありさ主演でお送りするラブコメディ!10月16日Start!!

金曜ドラマ

 おひとりさま 

10.16 Fri PM10:00 Start ! TBS


観月ありさ主演でお送りするラブコメディ!女33歳 独身。
人呼んで “おひとりさま” そんな彼女に10歳も年下の彼氏が??
彼は今どき増殖中の草食系男子!?
年齢も立場も収入も考え方も違うこの二人。
まさに究極の格差恋愛。そこには波乱の予感が・・・


公式サイト>>>こちら


 
【観月ありさ】CD>>>こちら


 
【小池徹平】カレンダー>>>こちら

100年不況の今日、疲れた男達に代わって社会をまわし、世間を明るくしているのは、ハツラツと生きる働き盛りの30代の女性たち。

彼女たちは、実力で男と同等の地位を獲得してきた。しかし、仕事に夢中になればなるほど、女性の婚期は遅れがち。気がつくと30代。今さら恋する乙女に戻れるわけでもなく、戻りたくても自分の立場が邪魔をして積極的にはなり切れない。

いつしか“おひとりさま”と呼ばれるように。決して“ひとりぼっち”という意味ではなく、何でも出来る、自立したカッコイイ女のこと。その言葉に、悲壮感は微塵もない…ハズ。

その気になれば彼氏なんていつでも!と余裕をかましていたものの、同年代以上のイイ男達は皆、いつのまにか妻子持ち。気がつけば周りの独身男性は、今まで恋愛対象とは思っても見なかった年下の男の子ばかり…。

そんな現代ではこの先もしかしたら、女性の方が年上という恋愛関係が時代のトレンドになるのかも。しかし、世代の違う男女が恋に落ちた時、とりわけ女性が年上の場合は、様々な食い違いや摩擦が起こり得る可能性も…。

このドラマは、そんな年上女性と年下男性の恋愛をめぐって持ち上がる、大小様々な問題を明るく楽しく、時にせつなく実感あふれるコメディとして描きながら、年の差恋愛の素晴らしさや面白さ、大変さをお届けする、究極の格差恋愛ドラマである。

 

主演はTBSの連続ドラマでは1997年4月に放送された『いちばん大切なひと』以来、およそ12年ぶりの出演となる観月ありさ(関連商品>>>こちら)。さらにその相手役・10歳年下の彼を、今、俳優としても注目されている小池徹平(関連商品>>>こちら)が演じる。その他、真矢みき(関連商品>>>こちら)松下奈緒(関連商品>>>こちら)といった豪華な顔ぶれが揃う。

 
【松下奈緒】CD>>>こちら

時代の主流になりうる“おひとりさま”と年下の草食系男子との究極の格差恋愛は、きっと多くの女性の共感を呼ぶことだろう!! そして、しばらく恋をお休みしている女性にとってはこのドラマが新しい「恋愛ノススメ」になるかもしれない…!

【橘慶太】関連商品一覧>>>こちら
 
【橘 慶太:w-inds】カレンダー>>>こちら

 あらすじ 

主人公の秋山里美(観月ありさ)は33歳。都内の名門私立女子高の日本史教師、いわゆる歴女。

彼女自身がこの学校の出身であり、この学校に誇りを持っている。そして誰もが認める才色兼備。性格は、妥協を許さない完璧主義。何でも一人でやってのけることから、“おひとりさま”の異名を持つ。ここしばらくは仕事が忙しく、彼氏を作る暇もない。そんな意味でも“おひとりさま”と言われている。

ある日、この女ばかりの園に、臨時職員として神坂真一(小池徹平)がやって来る。彼は23歳で里美とは10歳違いの平成育ち。大学を卒業した後もアルバイトを繰り返して、何の肩書きも持っていない。なぜか突然、この学校に教師として派遣され、真一自身も戸惑っている。

若い女教師や女生徒たちは、イケメンで可愛いタイプの真一にキャーキャー言っているが、里美は10歳も年下の男の子に興味はない。自分はベテラン教師でこの仕事に人生をかけているのだが、真一はまだ臨時職員。収入も地位も里美の方が格段に上。その上、真一は独自の価値観を持った現在増殖中の草食系男子とくれば、そんな二人の間に男女の関係が成立するなど想像も出来ない…はずだったが…!?

  
【鈴木亜美】関連商品一覧>>>こちら

 
【酒井若菜】関連商品一覧>>>こちら
posted by ahahawahaha at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F本・CD・DVD・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。