RFペット・園芸
8F時計・眼鏡・貴金属
7F家具・食器・日用品

6F 美容全般・健康グッズ・健康食品
5Fおもちゃ・ゲーム・文房具
4F家電・パソコン
3F本・CD・DVD・スポーツ
2Fメンズファッション・雑貨・アクセ
1Fファッション・雑貨・アクセ
BF食品物産展





2009年06月30日

【科捜研の女】真実を、闇へ葬らせはしない。第1話 7月2日放送 あらすじ

 

木曜ミステリー

 科捜研の女 

真実を、闇へ葬らせはしない。

 7月2日2時間スペシャルでスタート 

毎週木曜よる8時


公式サイト>>>こちら


 見どころ 

科学の力で真実を解明する、
科学捜査ミステリーシリーズ!


沢口靖子演じる京都府警科学捜査研究所法医研究員の榊マリコが、“科学”を武器に凶悪化・ハイテク化が進む犯罪に立ち向かうミステリードラマ「科捜研の女」の第9シリーズです。血痕・毛髪・皮膚片・体液・・・犯罪現場に残された微細証拠や、時には犯人が消し去った目に見えない証拠を科学の力で突き止め、事件解決に結びつけていきます。

「チームワーク」+「コンビネーション」
2つの顔を持つミステリードラマ!!


ドラマの舞台は京都府警刑事部に所属する科学捜査研究所。
法医・物理・化学・文書鑑定などの専門知識を持つ研究員たちが、榊マリコを中心に協力して真相解明に挑む「チームワーク」、同じ刑事部の捜査一課に所属する土門刑事(内藤剛志)と科捜研の榊マリコが連携して難事件に立ち向かう「コンビネーション」。「科捜研の女」はこの二つの顔を持ち、様々なストーリー展開が楽しめるミステリードラマです。


 登場人物 

 科捜研 

榊マリコ(さかき まりこ):沢口靖子 関連商品一覧>>>こちら
法医担当。
京都府警・科捜研の名物研究員として知られている。
科学捜査には信念とプライドを持ってはいるが、若い頃のように盲目的に科学を信用しているワケではなく、心理は科学を扱う人間にかかっていることも学習している。
独身。結婚歴一回。相手は警察官で京都府警にいたこともあるそうだとの噂。
現在は京都市内の町家に科捜研所長の父親とともに暮らしている。
土門とは何かと対立しつつ、事件解決という目指すところは一緒なので協力しお互いに信頼している。

   
【沢口靖子】テレカ>>>こちら

榊伊知郎(さかき いちろう):小野武彦 関連商品一覧>>>こちら
所長/科学担当。マリコの実父。
専門は科学だが、若い頃から考古学の鑑定などのフィールドワークで、世界各地を飛び回っていたため、雑学も含めたその知識は広範囲に渡る。
性格はとてもマイペース。一見、温厚で聞きかけ良さそうだが、人の話を聞いていない時も多々あり。
研究者としてはかなり優秀。


土門美貴(どもん みき):加藤貴子 関連商品一覧>>>こちら
映像データー担当。
京都府警の女性警察官だったが、科捜研へ転属となる。
京都府警刑事の土門の妹で、猪突猛進の兄に悩ませられ、また便利使いされてしまう。
兄である土門とマリコがくっつけばいいとひそかに願っている。


日野和正(ひの かずまさ):斉藤暁 関連商品一覧>>>こちら
文章担当。
頭髪は後退気味。妻子が東京にいて、単身赴任で京都に来たという。
かなり太っており、それでも何かと食事をする傾向に変わりはなく、捜査が深夜に及んだり徹夜になったりするときにはお菓子やインスタント食品を広げて食べている。


乾健児(いぬい けんじ):泉政行 関連商品一覧>>>こちら
物理担当。
マリコの仕事に対する熱血ぶりに振り回され、「マリコの飼い犬」といわれたことがあるほど、こき使われ彼女とのデートを度々断ることになっている。


 刑事部 

土門薫(どもん かおる):内藤剛志 関連商品一覧>>>こちら
捜査一課の刑事(巡査部長)。
一匹狼的な性格で、団体行動が苦手。そして直情的に突っ走ることが多い。
妻とは死別。
刑事部長の佐久間のようなエリートは嫌いなのだが、佐久間には以前、地方の警察署時代に世話になったことがあり、義理立てしている部分がある。


佐久間誠(さくま まこと):田中健 関連商品一覧>>>こちら
京都府警刑事部長。
警察組織の上層部に位置する人間であり、科捜研が組織に不利な鑑定結果を出したときなど、マリコや土門刑事と対立することも少なくない。その人脈の広さゆえ、マリコらの捜査にしぶしぶ協力させられることもある。
本人はきれい好きなのか、登場時には自室の机にコロコロをかけているシーンが多い。


 洛北医大 

風丘早月(かざおか さつき):若村麻由美 関連商品一覧>>>こちら
医学部病理学科法医学教室の教授。
一男一女の母。
呑気で陽気な性格。
マリコとは仕事以外でも、同世代ということもあり何かと相談にのっている。
性格も私生活もマリコとは異なるが、仕事に関しては良いパートナーシップで結ばれている。


 あらすじ 

第1話 7月2日放送「科捜研の女」

  

 榊マリコ(沢口靖子)は、京都府警科学捜査研究所、通称“科捜研”の法医研究員。現在は京都市内の町家に科捜研所長の父親・榊伊知郎(小野武彦)とともに暮らしている。
 ある日、工事現場で男の刺殺体が発見され、マリコは京都府警捜査課の土門刑事(内藤剛志)とともに現場に急行する。殺されたのは所持品から私立探偵の猿渡(金井良信)と判明する。猿渡は、背中を鋭利な刃物で刺されていた。
 猿渡の遺体は洛北医大に運ばれ、解剖医の風丘早月(若村麻由美)によって解剖に付された。そしてその結果、猿渡は前夜の7時から9時の間に殺されたこと、傷は背中の一ヶ所だけで、その手馴れた様子から殺人経験者らしいことが判明する。
 その日、マリコは土門から2年前にも同じような手口の連続殺人があったことを教えられる。神戸と大阪で若い女性三人が殺され、まだ犯人は捕まっていないというのだ。また、この事件を担当していたのが当時大阪府警にいた猿渡だったという。どうやら猿渡は刑事を辞めたあとも犯人を追っていたらしい。
 そんな中、猿渡の遺留品から犯人のものと思われる一本の毛髪が見つかる。鑑定したところ、その毛髪には何かの胞子が付着していることが判明、翌日、その毛髪は『京都菌学研究所』に持ち込まれた。
 菌学研究員の月館純(京野ことみ)によると、その胞子はシイタケのものだという。だが、どこで付着したかたどることは難しいと純は言う。マリコはこの研究所で、アメリカ帰りの研究員・吾孫子(篠井英介)と顔を合わせる。
 数日後、大手出版社の京都支店長と神戸支店長が連続して刺殺されるという事件が発生する。2人の支店長は猿渡と同様の手口で殺されており、同一犯によるものと推察されたが、社長の玉木良一(坂上忍)は、「社員が命を狙われるような覚えはない」と証言する…。
posted by ahahawahaha at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F本・CD・DVD・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

大河ドラマ【天地人】第27回 「与六と与七」あらすじ・CASTの紹介 妻夫木聡主演!直江兼続の生涯


【天地人】関連商品一覧>>こちら


公式サイト>>こちら


   

【天地人】関連商品一覧>>こちら


上杉謙信を師と仰ぎ、兜に「愛」の文字を掲げた戦国武将・直江兼続の生涯を描く
永禄3(1560)年、越後・上田庄の坂戸城主・長尾政景の家臣・樋口惣右衛門とお藤の長男として、兼続は誕生。幼名は与六、弟・与七、妹・きた。5歳のとき、謙信の姉・仙桃院に見込まれて、雲洞庵で景勝の小姓として仕え、謙信もその才能にほれ込んだ。これが兼続と景勝との主従関係の始まりだった。謙信の死後、景勝は景虎との後継者争いに勝利すると兼続は家老として、その才を発揮する。兼続には、あの織田信長、豊臣秀吉、徳川家康もその才能にほれ、同時に恐れたとか。現代では忘れ去られた日本人の「義」と「愛」を兼続の生涯を通して描く。
 

  

原作: 火坂雅志>>作品一覧こちら
1956年、新潟県生まれ。早稲田大学商学部卒。1988年『花月秘拳行』(講談社)で文壇デビュー。新史料をもとにした数々の意欲作を世に問うている。


 

 

脚本:小松江里子>>作品一覧こちら

上杉家・景勝の家臣でありながら、

    豊臣秀吉、徳川家康らを魅了し、

      また、最も恐れられた男

       ―― その名は、直江兼続。


 


上杉謙信を師と仰ぎ、兜に「愛」の文字を掲げた兼続は、その波乱の生涯を通じて、民・義・故郷への愛を貫きました。

「利」を求める戦国時代において、「愛」を信じた兼続の生き様は、弱者を切り捨て、利益追求に邁進する現代人に鮮烈な印象を与えます。

大河ドラマは、失われつつある「日本人の義と愛」を描き出します!


 


第27回 「与六と与七」

     (7月5日放送)

  

天正15年(1587年)、景勝(北村一輝)は越後を平定、春日山に平和が訪れる。小国家へ婿に入り与七から名を改めた実頼(小泉孝太郎)は、妻・お栄(小沢真珠)や義父母(牧村泉三郎・福井裕子)から手柄のないことを責められ、肩身の狭い思いをしていた。

そんな折、実頼は景勝の名代として聚楽第落成の祝いの使者となり上洛するよう命ぜられる。上洛した実頼は秀吉(笹野高史)に謁見(えっけん)、その側には茶々(深田恭子)がいた。実頼は秀吉から官位を授かり、さらに茶々から名字を大国と変えるよう言われる。越後に戻った実頼は上洛の報告をするが、兼続(妻夫木聡)は官位を受けたことを責め、けんかになる。

翌年、秀吉から再度の上洛を促す書状が届く。景勝と兼続にも官位を授けたいというのだ。あきれながらも二人は上洛し、実頼も同行する。兼続は三成(小栗旬)の計らいで秀吉と内々に謁見、上杉の忠義に官位は無用と言い放つ。秀吉は謝罪するが、それでも官位は受けてほしいと懇願、兼続も了承する。その様子を見ていた実頼は、兄のきぜんとした態度に畏敬(いけい)の念を抱く。兄の側では成長できないと悟った実頼は、自分を京に残してほしいと兼続に頼む。以降、実頼は上杉と豊臣の橋渡しの役を果たすことになる。

京滞在中、兼続は家康(松方弘樹)から利休(神山繁)の茶室に誘われる。そして、愛の字をめぐって問答しながら、互いに心中を探り合う。

春日山に戻った兼続に、お船(常盤貴子)は懐妊したことを告げる。待望の子に喜ぶ兼続だった。

  

  
CASTの紹介>>こちら
posted by ahahawahaha at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F本・CD・DVD・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

【MR.BRAIN】 木村拓哉が風変わりな天才脳科学者に扮して難事件を解決! 07 あらすじ

   
【SMAP】テレカ>>>こちら


 MR.BRAIN 

     2009.5.23 START

 土曜よる7:56 初回100分スペシャル

“土8”ドラマに、木村拓哉が登場。
科捜研の脳科学者に扮し、世の中の常識を覆す!!

木村拓哉が5月スタートの新ドラマ「MR.BRAIN」に主演! 警察庁科学警察研究所(通称・科警研)の天才脳科学者・九十九龍介(木村拓哉)が、独自の視点と天才的な発想で駆け引きしながら犯人を追い詰めていく1話完結の本格ミステリー。事件解決の過程では今までのミステリーとは違った視点からストーリーは進んでいき、通常の刑事ドラマとはひと味違う犯人との対決も見どころのひとつ。実際の脳科学者からの意見も参考にしながら、脳科学の知識も学べるとか。「人間は脳機能の5%しか使ってないそうです。いろんなことが実現している世の中ですが、もっといける部分もあるんじゃないかという可能性を持たせてくれるキャラクターです」と木村。

   
【綾瀬はるか】テレカ>>>こちら


07 2009.7.04(sat)P.M.7:56 O.A.

『 科警研 』 が犯罪捜査の進歩に大きな貢献をしたことが認められ、警察庁副長官・川瀬要三 (大林丈史) が表彰のためにやってくることになった。ところが、九十九 (木村拓哉) をはじめとする科警研のメンバーが玄関先で出迎えようとしたとき、目の前で副長官が何者かにライフルで撃たれてしまう。警察はすぐさま近隣のビルを封鎖して厳戒態勢に入るが、犯人はなかなか捕まらない。九十九は、狙撃現場に残された、血で×印の描かれたハンカチを見て、これは 「 自分たちへの挑戦状 」 だと気がつく。

 
武井公平(警視庁・組織対策四課) : 市川海老蔵 関連商品>>こちら

日が変わり、今度は元警視庁の捜査一課・刑事部長を務めた衆議院議員・尾崎幸平 (浜田晃) が誘拐された。尾崎の車にも血で×印が描かれたハンカチが残されていたため、警察は副長官射殺事件と同一犯の犯行であると断定。犯人は 「 48時間以内に尾崎を処刑する 」 との声明文を出すのだが… !? さらに、刻々と時間が過ぎていくなか、ついに第三の誘拐が起こってしまう。


CAST

九十九龍介 (科警研・脳科学): 木村拓哉 関連商品>>こちら
科学警察研究所 (通称:科警研) に新しくやってきた脳科学者。
事故に遭い、脳の一部を損傷したことがきっかけで、それを補うがごとく右脳が驚異的に発達。そんな自分に起こった異変を知りたいが一心で脳科学の研究を始めたのだが、その抜きん出た能力が科警研の目に留まり、引き抜かれることとなった。周りの空気が読めない変わり者だが、その一風変わった独自の視点や発想から、難事件を次々と解決していく。
  

由里和音  (科警研・脳科学): 綾瀬はるか 関連商品>>こちら
九十九のたった一人の助手。
大学では化学を専攻しており、卒業後、科警研に採用となった。はじめは専門の化学部門の研究室に配属されたが、九十九の赴任によって脳科学の世界に足を踏み入れることに。九十九の外見に一目惚れをするも、実験台として扱われる日々に少々困惑気味…。変わり者の九十九に振り回されるが、犯罪の現場を東奔西走する中で少しずつ九十九に憧れるようになっていく。
  

林田虎之助 (警視庁・捜査一課): 水嶋ヒロ 関連商品>>こちら
警視庁捜査一課の若手刑事で、丹原の部下。強い正義感を持っており、憧れの捜査一課で大きな事件に関われるとあって張り切っている。純情で涙もろく、まだまだ頼りないところも…。
経験豊富な上司の丹原を尊敬しているが、脳科学の観点から立ちどころに事件を解決してしまう九十九に対しても、尊敬の念を抱くようになる。事件が起こるたび、九十九にアドバイスを求めては丹原に叱られている。
  

瀬田逸平  (科警研・所長): 小林克也 関連商品>>こちら
科警研を統括している。警察庁との行政面や予算面での折衝も行う立場。佐々と共に脳科学室を作り、九十九を呼び寄せた張本人。九十九との間に、何か秘密があるフシも…。

佐々未春  (科警研・法科学部長):大地真央 関連商品>>こちら
科警研で実権を握る人物。
九十九の脳科学者としての優秀さに期待し、科警研へ引き抜いたが、九十九のあまりにルーズで破天荒な行動に少々憤慨している。
  

船木淳平  (科警研・画像解析):平泉成 関連商品>>こちら
防犯カメラなどの二次画像から、三次元画像を復元する研究を行っている。
実験が上手くいかず、ノイローゼ気味。佐々からのプレッシャーの中、毎日徹夜続きでフラフラになっている。

神田純一  (科警研・音声分析):設楽統 関連商品>>こちら
声紋などを分析。電話の向こうの声や反響音から、周囲の状況を三次元的に再現する研究に取り組む。拳銃の音・車の発進音などだけで、その種類や車種を言い当てられる。

難波丈太郎 (科警研・生物学):トータス松本 関連商品>>こちら
DNA・指紋・血液など生体認証全般を研究。
過去の迷宮入り事件も数多く解決している。科警研のエース的存在で警察をも見下しているが、九十九に対しては密かに脅威を抱いている。
 

大内浩一  (科警研・生物学): 山崎樹範 関連商品>>こちら
難波の部下。常に自分達の研究成果を吹聴している。初対面の人の毛髪を勝手に採集しては DNA を調べ、付き合うに値する人間かどうか判断している。

浪越克己  (科警研・行動科学): 井坂俊哉 関連商品>>こちら
FBI でプロファイリングを学んだ経歴をもち、鳴り物入りで科警研へ。しかし、捜査で結果が残せず自信を喪失気味。九十九の登場で、「自分は追い出されるのでは…」 と心配している。

岩淵潔   (科警研・交通科学):林泰文 関連商品>>こちら
渋滞の解消・事故の発生防止などを研究。都内各地の信号に小型カメラを設置、交通状況をモニターしている。これが、犯罪捜査において大きな武器となることがある。

夏目光男  (科警研・化学):田中裕二 関連商品>>こちら
爆発物・化学兵器などの成分分析専門。
海外の捜査機関でテロ防止実績をもち、そのおかげで日本の科警研が FBI に一目置かれているという経緯があるが、それを鼻にかけているため周囲から疎まれている。

丹原朋実  (警視庁・捜査一課):香川照之 関連商品>>こちら
数々の現場経験を持つベテラン刑事。
地道な捜査と“刑事のカン”を信じ、科学捜査の分野に強い不信感を持っている。
九十九が脳科学をもって見事に事件を解決してしまうことへの腹立たしさと、一目置かざるを得ない感情との狭間で葛藤している。

掃除のおねえさん:木下優樹菜 関連商品>>こちら
科警研内の清掃を担当。刑事事件や科学捜査には全く興味がないが、掃除に関してはエキスパート。言動に謎が多く、九十九にとって脳研究の実験台としてはかなり興味深い人物である。
 
posted by ahahawahaha at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F本・CD・DVD・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。